TWICEの新曲「What is Love」はパク・ジニョン作詞作曲

JYPエンターテインメント



4月9日発売のTWICEの新曲「What is Love」はTWICEの所属する芸能事務所JYPエンターテインメントの創業者で「Candy Pop」のミュージックビデオに出演した音楽プロデューサー パク・ジニョンが作詞作曲したというニュースの翻訳など。

TWICEの5thミニアルバム「What is Love」のトラックリストの一部
  • What is LOVE
    • 作詞 JY Park “The Asian Soul”
    • 作曲 JY Park “The Asian Soul”
    • 編曲 イ・ウミン

この入力が面倒な「JYなんちゃらソウル」がパク・ジニョン。編曲のイ・ウミンはKNOCK KNOCKを作詞作曲した人。

https://www.twicefan.club/jyp-composer-interview/

JYP 「パク・ジニョン自作曲がTWICEの新アルバムタイトル曲に決定」

NEWS1

番組の冒頭でインタビューに答えるパク・ジニョン
パク・ジニョン

TWICEが所属事務所JYPエンターテインメントの首長パク・ジニョン代表プロデューサーの自作曲でカムバックする

JYP側は3月」28日午前NEWS1に「TWICEの5thミニアルバム”What is Love?”のリード曲(タイトル曲)はパク・ジニョンの曲」と明らかにした。TWICEはパク・ジニョンの曲を11か月振りに歌うことになった。

パク・ジニョンは2017年5月15日発売の4thミニアルバム「SIGNAL」のリード曲「SIGNAL」のプロデュースを担当、プロデューサーとしての力量を見せた。

TWICEが今回の新曲で8連続ヒットを飛ばせるかにも関心が集まる。TWICEはデビュー曲「「OOH-AHH하게 (like OOH-AHH)」から前曲「HEART SHAKER」まで発売した7曲連続全てをメガヒットさせた実力派グループ。

TWICEの新曲は4月9日午後6時各種音楽配信サイトで発売予定。

新曲発売を皮切りに本格的な活動に突入するTWICEは5月18日から20日までソウル蚕室室内体育館で2回目のツアー「TWICELAND ZONE 2 : Fantasy Park」の幕を開ける。ソウルコンサートに続き日本、シンガポール、バンコクでのコンサートが予定されている。

(翻訳終わり)

パク・ジニョンに対する誤解

何でもやっている訳ではない

TWICEの生みの親でもあるパク・ジニョンだが、実はそれほどTWICEの曲に関与していない。TWICEの持ち歌の中でパク・ジニョンが作った曲は

  • 「다시 해줘」(DO IT AGAIN)
  • 「소중한 사랑」(Precious Love)
  • 「I’m gonna be a star」
  • 「Signal」
  • 「Merry & Happy」

この5曲だが、「다시 해줘」「I’m gonna be a star」はSIXTEENの時に使った曲、「소중한 사랑」は1998年の曲でTWICEが歌う事を想定して作った曲ではない。

パクジニョンがTWICEのために作った曲は「Signal」「Merry & Happy」の2曲だけ。また3月26日にJYPエンターテインメントからデビューしたStray Kidsはメンバーが全曲作詞作曲している。

JYP創設期はともかく、日本でKPOPブームが起こった2010以降は人に任せることが多くなっている。何でも知ったかぶりなKpopブログに書いてあるような「パク・ジニョンが何でもやっている」というのは大きな間違い。

社長じゃない

JYPエンターテインメント社長 ジョン・ウク
JYPエンターテインメント社長 ジョン・ウク

パク・ジニョンのことを「社長」と思っている人が多いが、証券取引所に公式な記録が残っている2013年以降は間違いなく社長ではない。またニュースを見る限り2005年ころはすでに社長ではなかったようである。

韓国のマスコミが「JYPエンターテインメント代表 パク・ジニョン」というような書き方をしていることもあるが、この「代表」の意味は「JYPエンターテインメントを代表する人物」というような意味で、代表取締役の「代表」ではない。

ちなみにSMエンターテインメントのイ・スマン、YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソクも社長ではない。

出しゃばり

TWICE「KNCOK KNOCK」
KNOCK KNOCKに出演したパク・ジニョン

TWICEのプロモーションビデオに出演するなど、出しゃばりなイメージを持っている知ったかぶりなKPOPファンが多いが、JYPエンターテインメントの中で抜群に知名度が高いのがパク・ジニョン。パク・ジニョンが出しゃばりというより、JYP所属歌手がパク・ジニョンの知名度の高さを利用しているという方が正確だろう。

TWICE「CANDYPOP」MV
Candy Popに出演したパク・ジニョン

ただしアニメとはいえ「Candy Pop」に出演したのを見ると、控え目ではないのは間違いない。

SIGNALは売れなかった

これはある意味間違いではないが、それまで年間1位級のヒット曲だったため、それに比べると売れなかったということ。しかもその売れなかった「SIGNAL」を超える曲を連発したグループは存在しない。

それにTWICEアンチが大好きな少女時代も曲を出すたびに大ヒットしていたわけではない。

まとめ

パク・ジニョン先日出演したテレビ番組で「これまで47曲が1位をとった」と発言していたが果たしてTWICEの新曲が48曲目になれるのか・・・。不安は不安であるが、悪いのは全部パクジニョンのせいに出来るというメリットもある。

https://www.twicefan.club/history-march-2018/

https://www.twicefan.club/music_video-love_live/

https://www.twicefan.club/new_song-jyp/

https://www.twicefan.club/23th_anniversary/

https://www.twicefan.club/tv_debut/

コメント