2017年 K-POPガールズグループランキング

2017年12月18日付 Gaonチャート掲載のKPOPガールズグループ関連ニュースの翻訳。

2017 ガールズグループ決算 K-POP GIRL GROUP REVIEW

Gaon Chart 2017-12-18 キム・ジヌGaon Chart主席研究員

本決算レビューは2017年1週から49週までのガオン指数とCD売上枚数データを基に作成(ユニット活動含む、ソロ及びOST活動除外)。

総合順位は音楽配信とCD売上枚数データを50:50の比率で合算した結果で順位を算出。(例 音楽配信、CD売上1位のガールズグループには各部門の最高点数50点を付与、1位のと差が広がるほど低い点数を付与する方式)

本決算レビューは調査期間中に音楽配信及びCD売上チャート上位100位圏内にランクインした全17グループを対象に作成。

対象グループ
  • TWICE
  • RED VELVET
  • MAMAMOO
  • G-FRIEND
  • BLACKPINK
  • 少女時代
  • IOI
  • APINK
  • LOVELYZ
  • AOA
  • SISTAR
  • UNNIES
  • 宇宙少女
  • PRISTIN
  • WEKI MEKI
  • OH MY GIRL
  • LABOUM

音楽配信ランキング

2017KPOPガールズグループデジタルチャート
2017年K-POPガールズグループ音楽配信売上

今年1年 KNOCK KNOCK、SIGNAL、LIKEYなどのヒットによってTWICEが音楽配信部門1位となった。

2017年K-POPガールズグループ音楽配信ランキング
  1. TWICE
  2. RED VELVET
  3. BLACKPINK
  4. MAMAMOO
  5. GFRIEND
  6. IOI
  7. SISTAR
  8. APINK
  9. UNNIES
  10. AOA
  11. 少女時代
  12. LOVELYZ
  13. 宇宙少女
  14. PRISTIN
  15. OH MY GIRL
  16. LABOUM
  17. WEKI MEKI

新曲発売回数ランキング

2017年KPOPガールズグループ新曲発売回数
2017年K-POPガールズグループ新曲発売回数

TWICEは2017年総4回の最多新曲発売回数を記録した。昨年まではガールズグループの新曲発売は上半期1回、下半期1回の計2回が一般的だったが、今年は3回以上新曲を発売したガールズグループが増加した。

2017年K-POPガールズグループ新曲発売回数
  • TWICE 4回
  • RED VELVET 3回
  • GREIND 3回
  • LOVELYZ 3回
  • 宇宙少女 3回
  • PRISTIN 2回
  • LABOUM 2回

※翻訳元の記事には「2017年49週までを集計」と書いてあるが、TWICEの「Heart Shaker」は50週の発売のためTWICEの新曲発売数は3曲とするのが正しい。

CD売上ランキング

2017年KPOPガールズグループCD売上チャート
2017年K-POPガールズグループCD売上

2017年TWICEは訳100万枚のCD売上を記録しCD売上部門1位となった。昨年に比べCD売上枚数は2倍以上増加した。

2017年K-POPガールズグループCD売上ランキング
  1. TWICE
  2. RED VELVET
  3. GFRIEND
  4. 少女時代
  5. MAMAMOO
  6. LOVELYZ
  7. 宇宙少女
  8. PRISTIN
  9. APINK
  10. WEKI MEKI
  11. AOA
  12. OH MY GIRL
  13. LABOUM
  14. IOI

総合チャート

2017年KPOPガールズグループ総合ランキング
2017年KPOPガールズグループ総合ランキング

音楽配信とCD売上の両部門1位となり総合100点を獲得したガールズグループは2015年の少女時代以来TWICEが初。

2017年K-POPガールズグループ総合チャート
  1. TWICE 100
  2. RED VELVET 53.6
  3. MAMANOO 33
  4. GFRIEND 30
  5. BLACKPINK 27.8
  6. 少女時代 15.5
  7. IOI 13.2
  8. APINK 11.4
  9. LOVELYZ 10.9
  10. AOA 8.8
  11. SISTAR 8.5
  12. UNNIES 8.4
  13. 宇宙少女 7
  14. PRISTIN 5.6
  15. WEKI MEKI 3.1
  16. OH MY GIRL 2.4
  17. LABOUM 2.1

まとめ

BLACKPINKはCD発売なく、たった1回の新曲発売で5位にランクイン。今後RED VELVETと共にTWICEの独走態勢を阻む対抗馬の役割を果たすものと見られる。

IOIはグループ解散にも関わらず総合7位にランクイン。IOIが今年活動していればTOP3に入っていた。

2018年は韓国のガールズグループの世代交代が終わり、覇権争いが熾烈化する見込み。LOVELYZは確固たるファン層を基に覇権争いで優位に立つことが予想される。

2018年はガールズグループ市場でTWICEの1強構造の下、RED VELVET BLACKPINK、GFRIEND、MAMAMOOの2位圏争いが熾烈化することが予想され、ガールズグループの年間3回新曲発売が一般化する見込み。