ガールグループの新曲発売を待つ投資家たち

Dance The Night Away

2018年6月25日付アジア経済掲載のTWICE関連ニュース翻訳

ガールグループのカムバックを待つ投資家たち

アジア経済

YG Black Pinkヒットで高値更新、JYP TWICEで上昇

最近の韓国株式市場の下落傾向の中でYGエンターテインメント、JYPエンターテインメントなどの主要エンタメ企業の株価が連日高値を更新している。

株価上昇の中心にはガールグループがいる。投資家の間では「ガールグループの新曲発売時期を狙え」と言われるようになった。

6月25日、取引開始と共にYG株は2%上昇、再び年初来高値を更新した。JYP及びSMの株価も上昇した。

今年の初めから先月中旬までYG株は2万ウォン台で騰落を繰り返し、株価低迷が続いていいた。しかし6月15日Black Pinkが新曲”DDU-DU DDU-DU”を発売すると状況が変化した。

Black Pinkの新曲”DDU-DU DDU-DU”は発売10日目のMelon、Olleh Music、Genieなどの音楽配信チャートで1位の座を占領している。

YouTubeミュージックビデオは再生回数9600万回を超えた。イギリスの”The Official Trending Chart Top 20″に韓国ガールグループとして初めて17位にランクインした。さらに44地域のiTUNESチャート1位、中国最大の音楽配信サイトQQミュージックで5冠を記録した。

YGの株価はここ一か月で33%以上上昇した。

JYPの株価も着実に上昇を続けている。年初1万3000ウォン台だった株価は現在2万6000ウォン台で2倍上昇した。TWICEは7月9日に新曲”Dance The Night Away”を発売する。4月9日に発売した前作”What is Love?”で音楽番組チャート12冠、ミュージックビデオ再生回数1億回突破の記録を作った。

4月以降下落傾向だったSMは少女時代の後継グループに成長したRed Velvetが株価回復をリードする。4月の平壌公演に参加したRed Velvetは7月4日、日本で初ミニアルバム”Cookie Jar”を電撃発売し日本活動を開始する予定。

Red Velvet
Red Velvet

クォン・ユングDB金融投資研究員は「Black Pinkは日本で来月開催のアリーナツアー6公演のチケットが全席完売し8月追加公演が決定するなど人気を集めている。日本で爆発的な人気を得ているTWICEがシングル3枚、アルバム1枚を発売、今年全13公演のアリーナツアーを開催するが、Black Pinkはアルバム1枚、デジタルミニアルバム1枚の発売だけで、7公演のアリーナツアーを開催する。これは好材料」説明した。