TWICEから見えるJYPパク・ジニョンの企画力


TWICEのデビューショーケース

NEWEN

  • JYPエンターテインメントから5年ぶりにデビューするガールズグループ
  • サバイバル番組でメンバーを選抜したグループ
  • サバイバル番組のルールが問題視されたガールズグループ
  • 女優コン・スンヨンの妹が所属するガールズグループ
  • アジア各地でデビュー前から注目しているガールグループ

デビュー前から色々と話題になったTWICE(ナヨン・ジョンヨン・モモ・サナ・ジヒョ・ミナ・ダヒョン・チェヨン・ツウィ)に付けられた修飾語だ。

JYPエンターテインメント(以下JYP)師団を率いるベテランアイドルプロデューサーパク・ジニョンが作ったTWICEは、多くの修飾語がつく。すべての修飾語が新人グループTWICEの認知度を高める役割を果たしている。しかしTWICEを実質的にデビューまで導いたのはやはりプロデューサーパク・ジニョンだ。パク・ジニョンの慧眼は2つに具体化している。第1はサバイバル番組でメンバーを選定したこと、第2はTWICEに意図的に「カラーポップ」と呼ばれる独自色を付けたことである

パク・チニョンの選択1 「サバイバル番組」

YGエンターテインメントのWINNERとiKonがデビュー前に出演した「WIN:Who Is Next」の事例からも分かるように、サバイバル番組でデビューする練習生は、早目にファンと強力な絆を形成し心強いファンダムを得た。そしてMnet「SIXTEEN」を通じて、このようなメリットを見逃さなかったパク・ジニョンの選択は成功だった。

TWICEと共に投票と生放送のプロセスを経てTWICEファンの忠誠心は徐々に高まった。放送を重ねるごとにインターネットコミュニティで投票を呼びかける書き込みが増え、各メンバーのファンダムが形成された。認知度も自然に高まった。現在TWICE公式SNSのフォロワー数は17万人を超える。10月20日公開したTWICEの「OOH-AHH 하게 (LIKE OOH-AHH)」ミュージックビデオは自然に大きな話題となり、同日午後のショーケースは、Vアプリで生中継し10万人を超える視聴者を集めた。

パク・チニョンの選択2 「カラーポップ」

最近の韓国音楽市場のガールズグループのコンセプトは、概して「清純と」と「セクシー」に二分されている。MAMAMOOのように「ガールクラッシュ」を標榜し独特のコンセプトを駆使するグループもあるが、これは極めて珍しい事例。GFRIEND、LOVELYZ、OH MY GIRLなどのグループが注目された理由は「清純感」と言っても過言ではない。

しかしTWICEはそのどちらにも属さない。一見するとハツラツとした少女のようだがダンスの振り付けはただ可愛いだけではない。だからといって骨盤を回すポイントダンスがセクシーというほどではない。むしろ飛び跳ねるような清涼感に近い。衣装もパステルトーンではなく原色系でポップアートのような非常に派手な色を選択した。

デビューショーケース(※新曲発表会)でナヨンはタイトル曲「OOH-AHH 하게 (LIKE OOH-AHH)」を紹介した際に「事務所がTWICEのために”カラーポップ”というジャンル作ってくれた」と語った。「カラーポップ」というジャンルは、ヒップホップ、ロック、R&Bなどの様々なジャンルを混ぜて作った曲に独特の雰囲気を与えるために付けた名前に過ぎないとも言える。しかしTWICEにしかない独特なキャラクターとイメージを構築することが最も重要な現時点で、このような試みは注目に値する

最近の音楽番組では見られなかった原色でカラフルな少女らしい清涼感、ハツラツさを合わせたTWICEだけの個性あるビジュアルを完成した。これは同じJYPの先輩ガールグループMiss Aとも全く異なる路線で、TWICEだけの個性を一層引き立たせる。

THE STORY BEGINS

5年間構想していた様々なアイテムを集めてTWICEというグループで具現化したプロデューサーパク・ジニョン。今まさに第一歩を踏み出したTWICEからパク・ジニョンの底力がすでにうかがえる。音源やアルバムの成績はこれから明らかになるが、SMエンターテインメントからデビューしたRED VELVETのように個性のあるガールズグループが登場したことに期待する価値はあるのではないか。デビューアルバム「THE STORY BEGINS」というタイトルのように、少女たちの物語は始まったばかりだ。

コメント