パク・ジニョン制服広告問題 AOA LOVELYZ GFRIENDも有罪?

ハクジニョン学生服業者、競争と広報の中で見落とした2%

비즈엔터

JYPエンターテインメント代表パク・ジニョンとデビューを控えたガールズグループTWICESkoolooks学生服広告が論議を呼んでいる。

京畿道教育庁所属の保健教師が「JYPパク・ジニョン氏の学生服広告の社会的牽制を要求します」というタイトルの文を掲載したことが発端となった。彼らは「問題にしなければ問題にならないので、(この部分について)問題にしようとする」と決然とした意志を見せた。

保健教師は「メディアと大衆文化の過度の影響力のために、(女性の)若者が憧れるガールズグループの異常なスタイルが、今の(女性の)若者が羨望するスタイルになってしまった」と嘆いた。彼らが団結して声を上げた理由は、「学校の近くに貼られた学生服の広告ポスターが性の商品化を煽り、美に対する誤った基準を提示する」という憂慮のためだ。

学生はスタイルをよく見せようと制服を手直しし、過剰なダイエットで体重を減らしている。このような現象が原因で成長する青少年が栄養バランスの不均衡のために、生理痛、消化不良、骨粗しょう症などの大小の病気を抱え、その数は毎年増えている。また、学生をターゲットにした過度なマーケティングに歯止めをかけなければならならないとパク・ジニョンを相手に問題を提起することになった。

マスメディアの時代にビジュアルは無視できない。音楽番組で歌手が官能的な歌を歌いきらびやかなダンスとパフォーマンスを繰り広げることは日常茶飯事だ。それでも生徒を見守る教師は「こうでもするしかなかった」と口をそろえる。

教師は成長期の子供たちがなぜ制服のスカートをシェーディングスカートにして、ジャケットをコルセットのように締めてつけて着る必要があるのか?シェーディングスカートやコルセットは、すべての女性の身体の性的魅力を際立たせる服でポスターの中の制服モデルは制服フェティッシュパブやルームサロンの従業員のように見えると直撃弾を飛ばした。

さらにポスターのキャッチコピーも指摘した。「息ができないほど輝く」、「ジャケットで締めろ、コルセットジャケット」、「彫刻のように眩しい」、「スカートで絞れ!シェーディングスカート」などの刺激的なキャッチコピーも過度に扇情的だ。

論議が浮上すると、JYPエンターテインメントと制服メーカーSkoolooksは収拾に乗り出した。Schoolooksは問題視された広告について釈明し、配布された広告ポスターの全量回収を約束した。JYPエンターテインメントも大衆の懸念に対応し、今後の所属事務所芸能人の広告に慎重を期すと言って謝罪した。もう少し見守らなければならだろうが、JYPエンターテインメントとSkoolooksが謝罪し事態は一段落した。

人によって考えは違うため意図せぬ誤解を受けた学生服メーカー側も悔しい部分がある。JYPエンターテインメントTWICEの広報を兼ねた学生服広告ポスターが予想外の反応を見せ非難されたことに困惑している

熾烈な競争構図の中で生き残るための学生服メーカーのマーケティングとアイドルを育てる芸能事務所の行動一つ一つは、青少年に少なからぬ影響を与える。今回の議論は商業主義が幅を利かせる世界とはいえ、青少年への影響を軽く考えてはいけないという教訓を残した。

ガールズグループの扇情的な学生服コンセプトが問題

화이트페이페
JYPエンターテイメント代表パク・ジニョンの学生服広告が扇情性論議に包まれた。パク・ジニョンJYPの新人ガールズグループTWICEが撮影した学生服の広告が過度に扇情的だという主張が提起されたもの。ガールズグループのスクールルックコンセプトの問題も再び提起されている。

問題となったパク・ジニョンの学生服広告はSkooloksの学生服ポスター。「スタイルでひと勝負しよう」というキャッチフレーズに「シェーディングスカート VS コルセットジャケット」というキャッチフレーズ。

これについて京畿教育庁の保健教師らが学生服マーケティングについての問題点を指摘した。保健教師らは「若い女性が憧れるガールうグループの非正常的なスタイルが若い女性が羨望するスタイルになってしまった。このような状況は学生の健康に大きな問題を起こしている。息が出来ないほど締め付ける学生服のために生理痛や消化不良を訴える女子学生が増加している。」と明らかにした。

またパク・ジニョンと広告で共演したTWICEのメンバーが着ているミニスカートとタイトなデザインの学生服ファッションに対して「学生服モデルは女子中高生の姿ではなく制服フェティッシュパブやルームサロンの従業員のように見える。」と指摘した。

これに関連し「児童青少年の性保護に関する法律」合憲決定以降論議を呼んだガールズグループの学生服ファッションが再び問題視されている。

AOASISTARLOVELYZGFRIENDなど多くのガールズグループが学生服コンセプトでステージを賑わせている。パク・ジニョン学生服広告問題と同じ脈絡で、学生服コンセプトが青少年の性文化に悪影響を及ぼしているという憂慮が提起されている。

パク・ジニョンの学生服広告問題が大きくなりJYPエンターテイメントは広告ポスターを全て回収し、全面修正するすることを発表した。学生服メーカーSkoolooksは「学生の健康を害し、身体的部分を強調する意図は全くなかった。学生服広告で意図が正確に伝わるように表現することを約束する」と明らかにした。

パク・ジニョン 学生服広告で批判を受け広告を全面回収・修正

TWICEへパク・ジニョン「JYPはデビュー後3年間恋愛禁止。」

TWICE 10月18日 日本初シングル 新曲「ONE MORE TIME」発売

コメント