TWICEの圧倒的な独走を止められないRed Velvet

2018年3月9日付BUSINESS POST掲載のSMエンターテインメントに関するニュースの翻訳など

イ・スマン NCTでSMエンターテインメントの自尊心を守れるか?

BUSINESS POST

SMエンターテインメントの創業者イ・スマン
SMエンターテインメント イ・スマン

イ・スマンSMエンターテインメント会長は多数のアイドルファンの銀行残高を盗んだ「怪盗」というニックネームを持っている。

しかし現在のアイドル春秋戦国時代では活躍が停滞している。怪盗スマンの手腕が以前ほど振るわなくなっている。

SMの自尊心の回復は会心作のボーイグループNCTが今年どんな成績を残すのかにかかっている。

EXO以降の不振

音楽業界関係者の間ではSMエンターテインメントはEXO以降は不振と言われている。相変わらず業界1位ではあるが、かつてのような圧倒的な強さはない。

SMエンターテインメントは今年、東方神起の復帰と限韓令緩和などで展望は明るいがライバルも黙ってはいない。JYPエンターテインメントがTWICEの成功で激しく追撃している上に最近は中小芸能事務所のアイドルの勢いが凄まじい。

EXOは東方神起後のボーイグループ覇権を掌握していたが、現在は防弾少年団に遅れをとっている

ファンの投票力にも陰りの見えるEXO
EXO

サバイバル番組で誕生したWANNA ONEも強力なファンダムを形成している。WANNAはONE今年末に解散する期間限定グループだがアイドル産業の地形変化を起こしたという点でイ・スマン会長の緊張感を高めた。

ボーイグループと同様にガールグループの成績も振るわない。少女時代のメンバーの一部と再契約に失敗、これまでのような活発な活動は難しくなった。少女時代の後継者と目されていたRed VelvetはTWICEの圧倒的な独走にブレーキを掛けられずにいる。

このような状況の中である業界関係者は「イ・スマン会長はHOTとSES、東方神起と少女時代のようなボーイグループとガールグループの2トラック戦略で20年間業界のトップを守ってきたが、徐々に力が落ちているように見える」と語った。

韓国型アイドル育成システムの生みの親

もちろん「K-POPの大設計者」とまで呼ばれたイ・スマン会長の底力は過少評価出来ない。

イ・スマン会長は韓国型アイドル育成システムを最初に作り出した張本人。フォーク歌手として活動し1994年SMエンターテインメントを設立し手腕を発揮した。

それまでは有望な人材をスカウトするとすぐにデビューさせていたが、イ・スマン会長は数年間のトレーニング期間を経るシステムを作った。

「全ての事業は一つの会社から」をモットーにこれまでバラバラだった芸能事務所、楽曲制作、CD制作、宣伝をひとつにまとめた。

こうして登場したアイドルの元祖HOTが大成功、以降、同じような芸能事務所が続々と生まれた。韓国のアイドル産業の元祖がイ・スマン会長ということになる。

SMエンターテインメントの期待の星NCT
NCT

イ・スマン会長は元祖としての自尊心回復のためにNCTを先鋒に立てた。

NCTは今年初めからNCT UとNCT DREAMが相次いで出撃する超大型プロジェクト「NCT 2018」を発表、本格的な跳躍を図り、14日にアルバムを発売する。

イ・スマン会長は「長い間の夢だった韓流3段階の最後の段階」とグルーバル攻略を目標にしたNCTを作った。メンバー数に制限がなく国家別にメンバーが変わるなど新しいコンセプトのため、NCTの中にNCT U、NCT DREAM、NCT127などのユニットがある。

デビュー当時、イ・スマン会長は自ら「SMエンターテインメント」とまで紹介したこともある。

複雑なコンセプトで大衆性を失う

しかしデビュー2年目の現在「誰が誰なのか分からない」という指摘がある。アイドル産業の核心はファンとはいえ、NCTはあまりにも大衆性が乏し過ぎる。形態が複雑で誰が誰なのか区別が難しくNCT特有の世界観も難しすぎるという声もある。

最高のための忍耐経営

イ・スマン会長の経営スタイルからこんな言葉が浮かぶ。NCTが花開く日まで彼は忍耐できるのか?

(翻訳終わり)

まとめ

SMエンターテインメントは海外受けを狙い過ぎて韓国ではマニアック化しつつある。

例えばファンが悪質なことで有名なEXOのデビュー当初のコンセプトは「太陽系外惑星EXO星から来た超能力者」。そして超能力者イメージを壊さないように露出を抑えた神秘主義路線。

露出を抑えた神秘主義路線なんて大手事務所の力を最大限に利用した売り方だよね、中小事務所所属のグループは全力で活動しても神秘主義なんだから。

そしてコンセプトの超能力を有効に使ってメンバー3人を消した。

最近はやってる本人もその恥ずかしさに耐えられなくなったのか超能力うんぬん言わなくなってるのに、それをパクったと騒ぎ立てる馬鹿ファン

SMエンターテインメントはコンセプトを考える時間をファンの教育に充てるべきだね。

2018年3月 TWICEのスケジュール
2018年3月TWICEのスケジュールのまとめ31日 ハイタッチ会幕張メッセ
2017年上半期 SM・YG・JYPなど韓国芸能事務所の業績
한국스포츠경제韓国芸能界の3芸能事務所と呼ばれるSMエンターテインメント、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメントは上半期どのような成績を出したのか。THAAD(終末高高度防衛ミサイル)配備による影響で中国発韓流に赤信号が点灯...
JYPエンターテインメント 株式時価総額で初めてYGを超える
2018年1月18日付NEWSIS掲載のJYPエンターテインメントの株式時価総額がYGエンターテインメントを抜いたというニュースの翻訳。創立21周年JYP ドラマチックな欲望 YGを追い越した秘訣NEWSIS 2018年1月18日...
女子中高生のトレンド予測 2018年はBLACKPINK
2017年12月1月付、スポーツ東亜掲載のTWICE関連ニュースとコメントの翻訳。スポーツ東亜がネタにした「JCJK流行語大賞2017&2018年トレンド予測」によると、女子中高生が選ぶ2017年流行語1位にTWICE、2018...
「韓国ファンよりグッズが多い」日本のTWICEファンの部屋が話題
韓国スポーツ経済 (한국스포츠경제) 2017-10-30TWICEが新曲「LIKEY」発売を控えている中でTWICEの日本人ファンの部屋が話題になっている。最近オンラインコミュニティにTWICEの日本人ファンの部屋の写真が投稿...

コメント