TWICE 日本2ndシングル「CANDY POP」ヒット態勢作り

2018年1月20日付スポーツ東亜掲載TWICE関連ニュースの翻訳。

TWICE 日本セカンドシングル「CANDY POP」人気態勢固め

スポーツ東亜

TWICE「CANDY POP」
TWICE 日本セカンドシングル CANDY POP

2017年6月28日日本でデビュー、韓国ガールグループとしては初めてシングルとアルバムの両方を日本レコード協会からプラチナ認定されるなど各種記録を作ったTWICEが今年はその人気を持続しさらに浸透させる。

TWICEは1月19日から日本6都市を周る「TWICE SHOW CASE LIVE TOUR 2018 CANDY POP」をスタートさせる。TWICEの日本ツアーは今回が初めてで日本のファンの関心が熱い。これを証明するように全8回公演のコンサートチケットは全席完売した。

また2月1日から東京と大阪で「TWICE CANDY POP CAFE」をオープン、ファンと共にミュージックビデオ鑑賞など多彩なコンテンツを楽しめる空間を準備する。

TWICEは2月7日2枚目のシングル「CANDY POP」発売を前に1月12日「CANDY POP」のダウンロート販売とミュージックビデオを先行公開、LINE MUSIC TOP100チャート1位を記録するなど次の突風を予告した。

TWICE「CANDY POP」
TWICE CANDY POP MV

ミュージックビデオも21日現在視聴回数1,500万回を突破した。ミュージックビデオでTWICEのメンバーはアニメーションキャラクターとして登場し視線を集めた。ミュージックビデオは漫画、ゲーム、小説、TVなどアジアでも人気が高い「ラブライブ!」のTVアニメーション監督京極尚彦が制作した。

このようにTWICEが日本で繰り広げる全方位活動予告に3連続ヒットはもちろん昨年よりもさらに大きな成果に対する期待も膨らむ。

TWICEは韓国でもリパッケージアルバム「MERRY&HAPPY」タイトル曲「HEART SHAKER」で各種音楽番組ランキングで1位を記録し人気を博している。