防弾少年団 TWICE 変わりゆく韓流の公式

EXOを一蹴した防弾少年団

毎日経済 (매일경제)

防弾少年団・TWICEなどの第3世代アイドルがKPOPスターの海外進出の公式を変えている。第1・第2世代アイドルはローカライズと緻密な事前準備で韓流をリードしたが、第3世代アイドルはソーシャルネットワークサービス(SNS)とYouTubeでファンとコミュニケーションしながら海外市場に根を下ろしている。YouTube・SNSを活用した海外進出はコスト負担も少なく、中小芸能事務所所属のアイドルグループにも新たな機会が開かれるものと期待が集まっている。

Table of Contents

防弾少年団

11月14日BIG HITエンターテインメントによると防弾少年団は19日、アメリカ カリフォルニア州ロサンゼルスで開催するアメリカ3大音楽賞の一つ「2017アメリカンミュージックアワード」の舞台に立つ予定。アメリカンミュージックアワードステージにKPOPスターが立つのは、2012年のPSY以来2度目となる。防弾少年団は訪米期間中にCBS「ジェームズ・コーデンのザ・レイトショー」、NBC「エレンの部屋 (The Ellen DeGeneres Show)」、ABC「ジミー・キンメルライブ」など、米国の3大放送局の看板番組に全て出演する。

防弾少年団のアメリカ進出は所属事務所が企画していないという点で異例だ。過去にWONDER GIRLSがアメリカに進出し、現地エージェンシーと組んで人気歌手の公演のオープニングに出演するなど、緻密なマーケティング戦略を繰り広げたのとは対照的。

防弾少年団はYouTubeのミュージックビデオを通じて、海外ファンに存在感をアピールした。防弾少年団が2014年8月に発表した1stフルアルバムのリード曲(タイトル曲)「Danger」のミュージックビデオが11月13日午後YouTube視聴回数1億回を超えた。これで防弾少年団は合わせて9本の1億回突破ミュージックビデオを保有することになった。

海外ファンとのコミュニケーションにSNSを積極的に活用した点も人気の要因として挙げられる。Twitterコリアによると、防弾少年団ツイッターのフォロワー数は11月13日1000万人を突破した。韓国のTwitterアカウントのフォロワーが1000万人を超えたのは防弾少年団が初めてだ。2位BIGBANGのG-DRAGON(901万人)、3位SUPER JUNIORのチェ・シウォン(628万人)に比べてもはるかに多い。Twitterコリアの関係者は「防弾少年団フォロワーの国籍は韓国、日本、フィリピン、米国、タイ、ブラジルの順に多い」と話した。米国ビルボードが毎週発表するSNSプラットフォームの影響度ランキング「ソーシャル50」で防弾少年団は、昨年10月29日から最近まで47回も1位になった。「ソーシャル50」1位回数で防弾少年団を上回るのは全世界でジャスティンビーバーだけだ。

TWICE

女性アイドルグループTWICEもYouTubeとSNSで海外ファンを増やしている。TWICE初のフルアルバムのリード曲「Likey」のミュージックビデオは公開から9日目に視聴回数5000万回を突破した。それまでの1位だったYGエンターテインメント所属のBLACKPINKが「마지막처럼 (AS IF IT’S YOUR LAST)」で5000万回を突破するためにかかった14日18時間を5日以上短縮させたKPOP女性アイドルグループ新記録である。TWICEは「OOH-AHH하게 (like OOH-AHH)」「CHEER UP」「TT」「KNOCK KNOCK」「SIGNAL」のすべての活動曲のミュージックビデオが視聴回数1億回を越え5連続1億回突破の記録も達成している。

TWICEはメンバー9人のうち4人が外国人で構成され、海外ファンとのコミュニケーションに有利と評価されている。TWICEのSNSフォロワー数はインスタグラム339万人、フェイスブック182万人、ツイッター164万人、YouTube 122万人など、計807万人に達している。

800万フォロワーを持つTWICEが発表した日本初のオリジナルシングル「ONE MORE TIME」は14日、日本レコード協会から「プラチナシングル認定」を受けた。25万枚以上のセールスを記録したシングルCDに与えられるこの認定を受けたのは韓国女性アイドルグループではTWICEが初となる。先週、ビルボードワールドチャートのアルバム部門とデジタルソングチャート両部門で1位を記録した。韓国女性アイドルグループが米国ビルボードワールドチャートで2冠を獲得するのもTWICEが初めてだ。

大衆音楽専門家はSNSとYouTubeがKPOP歌手により多くの機会を与えるものと期待している。音楽評論家イ・デファ氏は「もともとアメリカの主要メディアは防弾少年団に興味がなかったがSNSで話題になった後、注目し始めた。コンテンツが良ければ中小事務所所属でも十分なファン層を確保できるだろう」。評論家キム・バニャ氏は「TVなどの伝統的なメディアの影響力は以前に比べて急減した一方で、歌手がフェイスブックライブをすればフィードバックは確実である。メディアの影響力が変化し、アイドルが人気を得る通路も変わった」と評価した。