TWICE 雑誌ELLE 2016年12月号インタビュー

「綺麗」という言葉では足りない

ELLE


TWICE雑誌ELLE2回目のグラビア撮影

モモ

私は「大丈夫」という言葉をよく使います。時々メンバーにダンスを教えることがありますが、怖い先生のスタイルではありません。厳しく教えろと言われても出来ません。それでもダンスに関することは、いつもより真剣になる方です。

ダンスはジャズファンクジャンルが一番好きでが、音楽は選り好みしないで何でも聞きます。時間がある時はジェルネイルをするのも好きです。今のネイルは一週間前にしたものですが一番気に入っています。ドライフラワーで飾ったネイルです。

自慢したいことは… ありません。私は賢い方ではないと思います。間が抜けているというか、説明が難しいですがそんなところがあります。よくぼんやりしていると口が自然に開いて、その姿を撮った写真を見た母から「とてもブサイクだから絶対にやめなさい」と言われました。まあ、大丈夫です。

TWICEのメインダンサーで日本人メンバーの1人。JYPエンターテインメントのスタッフが絶賛するほどダンス能力が高い。番組の共演をきっかけにSUPER JUNIORのヒチョルにかわいがられている。ファンによるとデビュー前とは性格が変わったらしい。

ジヒョ

1年前のことを思うと想像できなかったほどのTWICEの人気を実感しています。「何が起こったのだろう?」「お前がTWICEだ!」それがまだ信じられません。私という人間が変わったわけではなくTWICEのメンバーといる時は騒々しい女の子です。一日中おしゃべりして夕方になるとのどが痛いです。

スケジュールのために疲れたら神経質になることもあります。そんな時疲れたと思うと考に無限につかれるので、気合を入れるためにエネルギーを引っ張り出します。

母が少女のようで母とよく話をします。私が自宅にいた時は練習生も長くデビュー出来るのか出来ないのかどっちつかずの状況だったので母は私のことだけに気を使っていたのですが、今は「妹たちに気を使ってあげられるようになってよかった」と言っていました。だから舞台に立つのが好きです。あまりにも多くの夢見てきたからです。まだ早い感がありますが単独コンサートもぜひやってみたいと思います。

TWICEのメインボーカル兼リーダー。練習生生活10年のベテラン(?)でJYP所属芸能人の中でも最古参の部類に入り、パク・ジニョンの信頼も厚いようだ。年上のメンバーを差し置いてリーダーを任せられるほどのしっかり者だが、良くも悪くも優等生的な感じ。

ジョンヨン

最近運転免許をとりました。大な車を運転したいです。私は表情演技とかそんな「芸」はないと思います。他の友人は、ウィンクしたりしますが私はかわいらしく見せることが苦手です。TWICEの中でヘアスタイルも一番短いでしょう。髪を伸ばしたいとは思ってません。

短い髪が似合っていると思います。だから自己紹介するときは、常にボーイッシュな魅力を担当していると言っています。ところがTWICEのメンバーは違うといいます。私が一番女性らしいと言います。私が思うに傷つきやすい方ではあります。傷つくのが怖くてインターネットのコメントも読めません。

ハーフパンツも履けません。足が見えるのが嫌なんです、恥ずかしいので。それとも宿泊施設をよく掃除するか女性らしいのかな?私はいくつか主導的にこれ片付けよう、あれ整理しようと言ってます。

ショートヘアでボーイッシュな雰囲気のあるジョンヨンだが、見た目以外は男っぽいところはなくTWICE内ではお母さん的な役割を果たしているという。姉がSMエンターテインメントの元練習生で女優のコン・スンヨン、叔父がラッパーのKyfishという芸能一家である。

ダヒョン

ニックネームは「フンブ」です。ファンがつけてくれたニックネームで、音楽を聞くとフン(興)を抑えられません。肌の色が白いのでトゥブ(豆腐)というニックネームもあります。この二つ合わさって「フンブ」になりました。

睡眠が不足して時間さえあれば寝ます。もともとよく寝ます。デビュー前は24時間以上寝たこともあります。そのたびに父が生死を確認しに私の部屋に入ってきたりしました。話すときにちょっとどもることがあります。「ああ… ところで、ああ… これは」こんな風に。

あれこれと考え過ぎる方です。来年高校を卒業します。だから最近「充実して活気があって健康で幸せに10代の最後を締めくくりたい」ダヒョンとして生きています。学生時代に最も惜しいことを挙げると、友人に会う時間が少なかったことです。毎日の授業終わるとすぐ事務所に行ったので。卒業式の日、友達とジャージャーメンを必ず食べます。卒業式はやはりジャージャーメンです。

TWICEのバラエティー要員。キャッチフレーズの「豆腐」はダヒョンの色白から来ている。物怖じしない性格で、ベテラン芸能人との絡みも卒なくこなす。リードラッパー、サブボーカルという微妙なポジションだが「TT」のTTポーズ「KNOCK KNOCK」のウサギが好評。

ナヨン

話すとき、相手の目を見ての話すクセがあります。両親が子供の頃から他人の話したときに集中して聞けと言っていたので出来たクセですが、負担だという人が多くて直そうとしています。テレビ番組で笑う姿がよく出ていたせいか笑い上戸だと思っているファンが多いです。実際には感情の起伏が大きいです。

たまに無表情で座っているとみんなに似合わないと言われます。だからじっとていてもシックなジョンヨンがうらやましいです。最近髪の毛を切りました。デビューしたころはメンバーごとに一番よく合うイメージを示すことが重要だから仕方なく伸ばしていました。ファッションもそうです。私の体型に似合う服を探すと、最終的にスカートになります。私は女性らしい服よりもシンプルなヴィンテージスタイルが好きです。これから本当の自分の姿と趣向を表現したいです。

TWICEの中では最年長のナヨンだが、年上風を吹かすどころか逆に他のメンバーにイジられることが多く、ファンが作ったTWICE序列ではモモと激しい最下位争いを繰り広げている。しかし歌・ダンス共にTWICEの中ではトップレベルで音楽面では中心的な存在だ。

チェヨン

感受性が強い方です。ラップを書くので意識的にすべてを繊細に、他の人と違って受け入れようとする習慣もあります。歌詞は主に夜に書きます。スケジュールが終わって宿泊施設に戻ってシャワーを浴びてベッドに寝転んで。照明を点けるといい雰囲気になります。私の雰囲気にこだわる方です。

作詞をもっと熱心にしてみたい。ピアノとギターも習いたいです。セカンドアルバムPAGE TWO収録曲「소중한 사랑 (Precious Love)」のラップを作詞しましたが、うれしかったです。サードアルバムには作詞した曲はありませんが、アルバムに自作曲が入ると本当に幸せだと思います。曲も作りたいです。

いつか「ミュージシャン・チェヨン」と呼ばれたい。音楽的にやりたい事が多いのですが、まだ学生なので制約が多いです。成人になる日を待ってます。時間が早く経って欲しいです。

TWICEのラッパーだがTWICEの曲にラップが少ないため、サブボーカルをすることが多い。TWICEのなかで唯一楽曲の制作に関与している( PRECIOUS LOVEラップの作詞)。絵も得意でCDスリープに使われるなど多彩な才能を持っている。

ミナ

昔は自撮りはあまりしなかったのですが、最近はファンに見せるのを兼ねてメイクする時に撮るようにしています。ファンカメラを見て欲が多く生じたようです。まず歌を見て、次は動作をモニターします。お母さんが特に「写真(※たぶんGIFのこと)」のようなものたくさん送ってくれます。

私の長くバレエをしていたので癖が多いです。ここでなぜ私一人だけ足が開いているのか?そういう部分を探し出して直そうと努力しています。デビューしてから2年目、私たちはさらに仲良くなりました。私たちの部屋にベッドが2つありますが、横のベッドを使うナヨンさんが突然私のベッドに倒れてくるとき気分が良いです。

メンバーと共にいる時は私は落ち着いている方なので、ファンが「찾재미」と呼んでいます。後ろで何か違うことをしているみたいです(笑)。だからファンには「しっかりさがして」と言いたいです。ここに私はちゃんといます。

TWICEの日本人メンバー。アメリカ生まれで、韓国に行く前はあまり関西弁を使ってなかったがサナ・モモの影響で関西弁をよくしゃべるようになったらしい。控えめな性格であまり目立たないが、バレエを11年間やっていただけにダンスはかなり上手い。

ツウィ

「TT」は、初めて聞いてすぐ好きになりました。とても楽しみで早くカムバックしたくなりました。撮影する時以外はずっとイヤホンをつけてTWICEの歌を聞いていました。私が歌っている部分を聞いてレッスンの時に先生が説明した言葉にを思い出して「どのように直さなければならないか?」を考えていました。発音もそうですが一番気を使うのは呼吸です。踊りながら歌を歌わなければならないから。

韓国に来て3年を超えました。時々つらい時もあります。私は感情をあまり表に出さない方です。驚くいても心の中で驚いて表情には出さない性格です。ファンに感謝の気持ちを伝えたくても「ファンに分かってもらえるだろうか?」と心配になります。それ以外は特に悩みはありません。私は最年少ですが他のメンバーは時々権力者と呼びます。話し方があまりに固いので。

TWICEの末っ子、ビジュアルエースで身長も高い。台湾でも大人気で10月20日のデビューにも関わらず2015年台湾芸能人検索キーワード9位になった。最年少かつ言葉の問題もあり、あまりしゃべらないために実際にどんな人物なのかは謎である。

サナ

日本にいる時は大変なことがあるとひとりで星を見に行ったりしました。ソウルは星がよく見えませんでした
。1週間前に突然星が非常に多く見られた日があったじゃないですか、感動しました。

韓国語の勉強方法についてよく質問されますが、メンバーが普段使う言葉を自然に覚えているようです。

ジヒョが私の隣のベッドです。ジヒョと過ごして言葉が速くなったとよく言われます。昔はそれほど早く話せませんでした。たぶんジヒョのせいです。

そういえば宿泊施設にも星があります。電灯を消すと星のように光る照明があって、みんな疲れている時、そんな時に居間に集まって星の照明を点けてに歌を流しながら踊ります。最近ミラーボールもつけました。

食べ物もよく食べます。タンスユクが好きでチムタクも好きだしカンジャンケジャン好きブルジョク大好きです。ああ食べたい。

TWICEの日本人メンバーというより大阪人メンバーといった方がしっくりくる。韓国語が上手くバラエティー番組などで韓国人タレントと普通にやりとりしている。韓国生活にすっかりなじんでいるようだ。天然キャラで、放送前の番組の内容などをうっかりしゃべってしまうことが多い。


TWICE初のグラビアをELLEに提案したJYPエンターテインメントとの作戦タイムはデビュー1ヶ月前から稼働した。7月にJYPエンターテインメントの練習生16人のデビュー戦争を扱ったSIXTEENの長い旅程が終わり、最終メンバーに選出された9人の卓越した才能に注目していた。