TWICEが誕生したオーディション番組 “SIXTEEN” 第1回

SIXTEEN第1回関連ニュース

“自分の子供を育てるJYP” SIXTEENで二兎を捕まえる

스포츠서울

SIXTEENで私の子を育てる

JYPエンターテイメントの首長パク・ジニョン代表が最近Mnetのサバイバルオーディション番組”SIXTEEN”制作発表会で言った言葉だ。WONDER GIRLSとMISS Aに続きJYPが5年ぶりにリリースする新ガールズグループTWICEのメンバーを決めるSIXTEENは去る5日初放送を始めるとすぐリアルタイム検索語1位になり人気を実感させた。歌手が多くのオーディション番組とサバイバルプログラムを踏み台にデビューする中でSIXTEENは初回からJYPスタイルで視聴者をひきつけた。

SIXTEEN第1回放送はメジャーグループに属しているガールグループ候補生7人、マイナーグループに属している練習生9人の姿が公開された。メジャーグループ7人は移動手段、宿泊施設、練習時間などはもちろんJYP所属歌手に会えるなどの特別待遇を受けた。サバイバルプログラムの中で、再び、上下にグループを分けることは多少残酷ではあるが、このようなデバイスがメンバーに刺激を与えたのは確かだ。特に日本人3人、台湾人1人、タイ人1人の計5人の外国人のメンバーを含む16人の出演者は自身の存在を知らしめた。

スター性を見せたダヒョン

SIXTEENは、最初のミッションのテーマに「Are You A Star?」を選び、単に歌とダンスだけでなく、本人のスター性が問われた。この日のステージを公開したメンバーは、他のオーディション番組と同様に歌とダンスの能力や自作曲とラップを披露したが、生春巻きを作ったり、演歌、バレエ、テコンドーを披露するメンバーもいた。特にJYPのボーイズグループGOT7のミュージックビデオに出演経験のあるダヒョンは”手おならラップ”からワシダンスまで、ユニークなステージでパク・ジニョンの絶賛と大衆の関心を一気に集めた。審査員を務めたパク・ジニョンは「自分のスター性を見せて欲しいと言ったが、歌やダンスが上手いところを見せて欲しいとは言っていない」と審査評を語る場面もあった。

SIXTEENでTWICEの宣伝から能力検証まで

JYPはSIXTEENを通じてスター性のある新しいガールグループの広報はもちろん、能力の検証まで二匹のウサギを捕まえる。ある歌謡界関係者は「サバイバルという形式が残酷ではあるが参加者の面々を見ると失敗しないガールズグループになるだろう」と期待した。一部ではパク・ジニョン代表が独断でメンバーを決定するのではないかとの指摘もあるが、ミッションに応じて、現場の観客が判定団になったりゲスト審査委員と投票などを通じて意見を共有する予定だ。パク・ジニョンも「いいグループを作るため視聴者が一緒にメンバーを選抜して私を助けて欲しい。」と視聴者に依頼した。

“SIXTEEN” あまりにもひどい YGより残酷なJYPデビュー戦争

마이데일리

予想よりもはるかに残酷

5日初放送されたケーブルチャンネルMnetのオーディション番組”SIXTEEN 第1回”でJYPエンターテインメントの新ガールズグループTWICEのメンバーを選抜するデビュープロジェクトがベールを脱いだ。この日メジャーグループに属しているガールグループ候補生7人マイナーグループに属している練習生9人、合計16人の姿が初公開された。

先にYGエンターテンイメント男性練習生が参加した”WIN:WHO IS NEXT”と”MIX&MATCH”、スターシップエンターテイメントのデビューサバイバル”NO MERCY”の場合、ミッションを通じて上位圏と下位圏を分け公正な競争を繰り広げた。しかしSIXTEENは出発から違っていた。

激しい差別待遇

まずJYPのトレーナーとA&Rチームのスタッフが番組開始前にメジャーグループとマイナーグループに分けた。選択されたこれらのメジャーグループに移動した芸能人級の待遇を受け、マイナーグループに転落すると差別待遇を受ける。移動手段、宿泊施設の環境はもちろん、練習室の使用時間まで制約を受ける。特に練習室の使用時間の制限(午後9時から午前9時まで)は、競争の中で絶対的に不利になるだろう。

特別待遇もなし

練習生生活が長いから、デビュー組にいたからと言う理由で特別待遇を受けることもない。10年目の練習生ジヒョは「練習生を長く続けているので、他の参加者よりも実力がある」と自賛したが、パク・ジニョンはジヒョにマイナー行きを命じた。結局ジヒョは涙を流した。ジヒョと共にデビュー組に属していたジョンヨンもマイナー行きとなった。その一方でパク・ジニョンが顔も知らない1年目の練習生ミナはJYPスタッフから良い評価を受けて一気にメジャーの舞台に移動した。長期練習生としての誇りが傷つかないはずがない状況だった。

メジャーメンバーは最後まで自分の位置を維持するために努力し、マイナーメンバーは屈辱を晴らしメジャーに上がるために練習した。もちろんマイナーメンバーのうち1人は脱落者となり、その最初の主人公は来週公開される予定である。

このように、女性練習生を対象にしたデビューサバイバルはより残忍で過酷である。SIXTEENのメンバー全員がお互いを牽制し競争を繰り広げ、今後の展開がさらに興味を引きそうだ。

一方SIXTEENはJYPエンターテインメントの新ガールズグループTWICEの候補生7人と、その座を狙う練習生9人の対決を通じてデビューメンバーを決定するオーディション番組。特にJYPがWONDER GIRLS、MISS Aに続き、5年ぶりにリリースする新人ガールグループの誕生の舞台という点で注目が集まっている。

“SIXTEEN” 第2のWONDER GIRLS、MISS Aになることはスタートから残酷だった

OSEN

ステージに立つのは容易ではなかった。10年練習生もデビューを控えて、再び1から点検を受けていた。それこそ冷静で厳しい世界そのものだった。

独自の審査基準

去る5日午後初放送されたケーブルチャンネルMnetのオーディション番組”SIXTEEN”はJYPエンターテインメントの新ガールズグループTWICEの座を巡って本格的なサバイバルに入った。JYPの首長パク・ジニョンは「他の会社とは基準が異なる。私は誰を選ぶのか分からない」と言ったように風変わりな審査基準とサバイバルが予告されている状況。

SIXTEENはJYPエンターテインメントの新人ガールグループ候補生7人にその座を狙う練習生9人の対決を通じて新人ガールグループTWICEのメンバーを決定するデビュープロジェクトだ。

16人のメンバーは、まずメジャーとマイナーのグループに分けられた。ナヨン、ミニョン、ジウォン、モモ、ミナ、チェヨン、ダヒョンのメジャーチームとサナ、チェリョン、チェヨン、ジョンヨン、ツウィ、ソミ、ウンソ、ナッティ、ジヒョのマイナーチームは、互いに座を守り奪うために練習に没頭した。彼女たちは「Are You A Star?」と名付けられた最初のミッションのために各自がパク・ジニョンに披露するステージを準備した。

歌 ダンス スター性

最初のミッションから雰囲気は殺伐として、緊張感が漂った。パク・ジニョンはSIXTEENのメンバーのステージを見ながら、さまざまな評価を下した。残念なステージには「一番下手だった」と躊躇なく冷徹な評価が、満足のいく舞台に笑いが行き来した。パク・ジニョンの前では、練習期間の長さは重要ではなかった。パク・ジニョンが望む基準を満たせば順位はいつでも変えられる。ただ歌やダンスが上手いメンバーではなく、「スター性」を示すことが重要と考えた。

それだけでなく、最初のミッションを控えて徹底的にメジャーとマイナーを分けて番組を進行すること自体が緊張感を与えた。特に残酷なほどのメジャーとマイナーの差別的な待遇を通じてメンバーの勝負欲をさらに刺激した。

そのためSIXTEENがもっと恐ろしいサバイバルオーディション番組になった。これまでSBSオーディション番組”K-POP STAR”の審査員だったパク・ジニョン。彼は鋭い評価と絶賛を繰り返しながら、参加者一人一人のステージをを見てきた。SIXTEENでも同じだった。10年目の練習生ジヒョと1年目の練習生ミナ、デビュー組に属していたメンバーとそうでないメンバーを差別なく全員同じ視線で見た。

誰を選ぶか分からない

パク・ジニョンがSIXTEENの開始から言ったように「誰を選ぶか?」はパク・ジニョンさえ分からないサバイバルだからこそ緊張感が大きいと思われる。審査基準もTWICEの大きなイメージもすべてパク・チニョンの頭の中にあり、パク・ジニョンが結局どんな決定をするのか大きな関心を集めている。

WONDER GIRLSとMISS Aを成功させたJYPエンターテインメントが準備する新ガールズグループという事実だけでも注目を集めるTWICE。彼女たちがSIXTEENの過酷なサバイバルでどのよう実力を披露し、パク・ジニョンの目に止まるのか成り行きが注目される。

SIXTEEN第一回
SIXTEEN第1回

SIXTEEN 初放送から目立ったスター性

TV리포트

“SIXTEEN” JYPエンターテインメントの新ガールズグループTWICEのデビューを懸けて16人の練習生がサバイバルに飛び込んだ。多彩な魅力で武装した中で初放送からホットな話題を集めたメンバーがいた。

5日初放送のMnet SIXTEENにナヨン、サナ、ダヒョン、ツウィ、チェヨン、ソミ、ジウォン、モモ、ウンソ、ミナ、チェリョン、ミニョン、ジヒョ、ナッティ、チェヨン、ジョンヨンが出演しガールズグループTWICEデビューを懸けて競争を繰り広げた。

この日パク・ジニョンは7人のメジャーを発表した。メジャーとマイナーに分けメジャーに属するメンバーは準芸能人待遇を受ける。ミナ・ミニョン・ナヨン・ジウォン・モモ・チェヨン・ダヒョンは、JYPのトレーナーが選んだメジャーのメンバー。マイナーはサナ・ツウィ・ソミ・ウンソ・チェリョン・ジヒョ・ナッティ・チェヨン・チョンヨンが属した。

最初の対決は「Are you a STAR?」。パク・ジニョンは「何をしてもいいが私にスター性を見せて欲しい」とリクエストした。漠然としたリクエストに16人のSIXTEENのメンバーは苦悩した。

ミッションのステージでは、大半のメンバーが歌とダンスを披露した。JYPの練習生を経れば他の事務所でも大当たりが出るという俗説を証明するかのように、16人のSIXTEENメンバーは、自分が持つスター性をアピールした。

自作曲を披露したミニョン、自作ラップのチェヨン、サックスを演奏したジョンヨン、演歌を選曲したジヒョ、バレエでステージを飾ったミナ、テコンドーで自信を表わしたソミ。

独特なステージもあった。サナは生春巻きを作ってパク・ジニョンを当惑させた。「有機野菜じゃなくてすいません」と冗談も加えた。ダヒョンは「手おならラップ」とワシダンスで衝撃的なステージを披露した。パク・ジニョンは「ボールすごい」と感心した。

最初の競争が始まったSIXTEEN。今後3ヶ月間メジャーを守るために、あるいはメジャーに選ばるために熾烈なサバイバルは続く。

SIXTEENはJYPの次世代ガールグループTWICEの候補生7人とその座を狙う練習生9人の対決を描いたオーディション番組。毎週火曜日の午後11時放送。

JYP新ガールズグループ”TWICE”デビュープロジェクト SIXTEEN 初回から話題

아주경제

放送初回からリアルタイム検索語1位に

JYPエンターテインメントとMnetが共同制作するSIXTEENが5日に放送された後、この日出演した練習生の異色パフォーマンスとパク・ジニョンの冷徹な評価がネチズンたちの熱い関心を得て話題になっている。

この日の放送で、「メジャーグループ」に属している練習生7人(ミナ、ミニョン、ナヨン、サポート、モモ、チェヨン、ダヒョン)と「マイナーグループ」に属している練習生9人(ジヒョ、ジョンヨン、サナ、チェヨン、チェリョン、ソミ、ツウィ、ウンソ、ナッティ)合計16人の姿が公開された。

初放送から二つのグループに分かれたメンバーは、過酷な違いを感じた。メジャーグループに属している練習生は素晴らしい宿泊施設、食品がつまった冷蔵庫、午前9時から午後9時まで練習をすることができる特権が与えられた。また、チョ・グォン(2AM)、フェイ(MISS A)、イェウン(WONDER GIRLS)まで直接訪ねてきて、メジャーメンバーが気になっていることを質問すると、自らのノウハウなどアドバイスを惜しまなかった。

一方、マイナーメンバーは、劣悪な宿泊施設と午後9時から午前9時まで練習をしなければならないなどメジャーメンバーに比べて厳しい環境が与えられ、マイナーメンバーの涙腺を刺激した。

Are You a Star

続いて、最初のミッション「Are You a Star?」。自分を最もよく表現できるパフォーマンスで審査を受ける方式。今回のミッションを通じで各メンバーは、自分自身を表現することができるキーワードを準備、「19」(ナヨン) 、「チャ・インピョ」(ジョンヨン)、「話」(ミニョン)など、さまざまなキーワードを準備してパク・ジニョンに自分の魅力をアピールした。

パク・ジニョンは優しい口調のなか、冷静な審査評でメンバーは天国と地獄を同時に味わった。メジャーグループに属しているナヨンを「感情表現が自然ではない」、ジウォンを「今まで聞いた歌の中で一番下手だった」、マイナーグループに属している10年目練習生ジヒョを「老練味が輝いていた」と評した。

パクジニョン ダヒョンを大絶賛

特にダヒョンは「自分を作らず、ありのまま姿のまま見せて」というチョ・グォンのアドバイスで、飾らない自分の姿を素直に表現した。手でおならの音を出してビートに合わせたラップ、ワシダンスを踊るなど、他の参加者とは異なる独特の魅力を披露した。

パク・ジニョンは「歌、ダンスを見せて欲しいと言ったことはない。君たちがスターであることを見せて欲しい」、「ステージの上で遊びながら、自分自身を最もよく見せてくれた参加者はダヒョン、度胸がある。」と賞賛した。

自分の魅力をアピールするという最初のミッションを終えた14人のメンバー、そして残りの2人のメンバーモモ、ナッティ。果たしてメジャーグループに入るメンバーは誰なのか?マイナーグループから出る脱落者は誰なのか関心が集まる中、初放送を終えた。

視聴者の反応

OSEN

放送を見たネチズンは「ダヒョンが披露した手おならラップユニークた」、「他のリアリティ番組とは異なる異色の番組!やっぱりJYP 」、「歌、ダンスに加えて、新たな面を見ることができる放送だった」などと評し、リアルタイム検索1位を占めて熱い反応を得ている。

SIXTEENはJYP新人ガールグループTWICEの候補生7人に、その座を狙う練習生9人の対決を通じてデビューメンバーを決定するオーディション番組。過酷なトレーニングとさまざまなミッションなどJYPのスタイルがそのままに独自の選抜方法でJYP次世代アイドルグループTWICEの緊張感あふれる誕生過程を放送する予定。

“SIXTEEN”ダヒョン視聴者投票1位 JYPデビュー有力

SIXTEEN第一回 視聴者投票
SIXTEEN第一回 視聴者投票

JYPエンターテインメントの新ガールズグループ”TWICE”のデビュープロジェクト、Mnet”SIXTEEN”の視聴者投票でダヒョンが1位になった。(略)

以降、サムスン電子音楽サービス「ミルク」の「SIXTEENスペシャルページ」で人気投票が行われた。8日に公開された結果、ダヒョンは16.6%で現在1位を占めている。

前回の放送でダヒョンは「スター性を見せてくれ」というミッションで独創的な「手おならラップ」と「鷲ダンス」という予期しなかったパフォーマンスを披露した。パク・ジニョンは「一番笑った。芸があるのはとてもいいことだが、その芸が自分のものでなければならない。良い例を示してくれたのがダヒョンだ」と賞賛し深い印象を受けたことを明らかにした。

そのほか「ミルク」の投票順位は2位ナヨン、3位・チェヨン、4位ジョンヨン、5位ミナとなっている。女優コン・スンヨンの妹・ジョンヨンはサックス演奏と歌を披露し、ネチズンたちに素敵な魅力をアピール「マイナーグループ」で唯一上位を占めてエキサイティングな投票結果となった。

初放送からホットな話題で人気上昇中の「シックスティーン」は、来る12日に2話が放送される。いくつかのメンバーが話題の主人公になるのか成り行きが注目される。

一方、「シックスティーン」は、サムスン電子音楽サービス「ミルク」とギャラクシーS6が制作支援し、ミルク内の「シックスティーンスペシャルページ」を使用して、各メンバーの投票と応援が出来る。

Mnet “SIXTEEN” vs MBC MUSIC “SEVENTEEN”

METRO

JYPエンターテインメントとプレディスが似たようなタイトルの番組を開始した。

JYPの新ガールズグループデビュープロジェクト”SIXTEEN”はJYPの新ガールズグループ候補生7人と、その座を狙う練習生9人が対決を通じてデビューメンバーを決定するオーディション番組。毎回JYP独自のミッションを進行し、パク・ジニョン、ゲストの専門家、視聴者投票を総合して脱落者とデビューメンバーを選定する。パク・ジニョンは”TWICE”という新グループ名も公開している。

MBC MUSIC”SEVENTEEN PROJECT デビュー大作戦”はプレディスの新人ボーイズグループのデビューリアリティ番組。13人組グループSEVENTEENのデビュー過程を中心に、脱落より成功的なデビューに焦点を当てる。毎回ミッションを進行し、ショーケースが成功すればアイドルグループ初の1時間生放送でデビューする機会を得る。(略)


TWICEメンバーを目指すJYP練習生16人によるサバイバルオーディション番組Mnet「SIXTEEN 第2回」(2015年5月12日放送 プロデューサー チェ・スンジュン)のあらすじ 視聴者投...
SIXTEENは韓国の大手芸能事務所 JYPエンターテインメントの新K-POPガールズグループ"TWICE"のメンバーを選抜するためのオーディション番組。