TWICEジョンヨンの姉 女優のコン・スンヨンはSMの元練習生

엑스포츠뉴스 [1]23

SIXTEEN放送当時(216年6月)のTWICEジョンヨンの姉で女優コン・スンヨンのインタビュー。

コン・スンヨン
공승연(本名유승연)。 1993年2月27日生まれ。3人姉妹の長女で末妹のジョンヨン(1996年生まれ)はJYPエンターテインメントのガールズグループTWICEのメンバー。
芸名をコン・スンヨンにした理由は不明だが、変えた経緯について「事務所のスタッフとサッカーのブラジルワールドカップを見ていた時にスタッフが「축구공?(チュックコン。축구=サッカー、공=ボール)?공(コン)?공승연(コン・スンヨン)?コン・スンヨンどう?」というような流れだったらしい。
2005年
SMエンターテインメント青少年ベスト選抜大会ルックス賞1位。SMエンターテインメントの練習生になる。
2012年
・ドラマ「I LOVE イ・テリ(原題아이러브 이태리)」。その後SMエンターテインメントを辞める。
2014年
・SBSドラマ「僕には愛しすぎる彼女(原題 내겐 너무 사랑스러운 그녀)」
2015年
  1. ・SBSドラマ「風の便りに聞きましたけど!?(原題 풍문으로 들었소)」2月~6月放送
  2. ・MBCバラエティー「私たち結婚しました(原題 우리 결혼했어요)」3月~出演中

これ以外にもCMなどに出演しているが、大雑把な当時の経歴はこんな感じ。

コン・スンヨン「かわいいふりをしなかったから、アン・パンソクPDにキャスティング」

SBS月火ドラマ「風の便りに聞きましたけど!?」、ソ・ボムの姉ソ・ヌリ。一流になりたい二流、一流を目指して再び悩みに陥る複雑多端な人物を演じた女優は他でもない新人コン・スンヨン。彼女はごく普通の家庭で育ったが成功への欲望は誰よりも大きいソ・ヌリ役を上手く演じた。

コン・スンヨンは最近エックススポーツニュースとのインタビューで、今月2日に放映終了したSBS月火ドラマ「風の便りに聞きましたけど!?」について「2015年を良い作品で始めることになった。俳優として第一歩を踏み出した作品だから、愛情も多く名残惜しい。共演した俳優に会いたい」と明らかにした。

「アン・パンソクPDが、私をキャスティングした理由は・・・」

「풍문으로 들었소(風の便りに聞きましたけど!?)」は、アン・パンソク監督と作家ジョン・ソンジュ氏の出会いで早くから注目されていた作品。出演俳優はアン・パンソク監督とこれまで着実に作品を共にしてきた。認知度も低く、前作も派手ではなかったコン・スンヨンがキャスティングされた。コン・スンヨンは「풍문으로 들었소(風の便りに聞きましたけど!?)」の撮影中にアン・パンソクPDからキャスティングの理由を聞かされた。

「アン・パンソク監督は私に「君は20代の女優らしくなかったから選んだ。」と、かわいい振りをしたり、飾ろうとすることもなく、台詞も飾らずポンポンと言うところが良かったそうです。実際の性格も女性らしい方ではなく化粧やファッションにも大きな関心がない。ありのままの自分の姿が興味深かったようです。」

「風の便りに聞きましたけど!?」の撮影中、誰もが家族のように過ごしていた。演技をしに行くという感じではなく「会いに行く」「一緒に暮らしに行く」という感じで、ずっと楽しく撮影現場に向かいました。空き時間が出来るとみんな控室に集まってゲームをして遊んびました。ジャン・ヒョンソン、ユン・ボギンら劇中の両親も私に良いアドバイスをして頂いて、本当に幸せでした。」

ソ・ヌリのキャラクターはジャンヒョンソン、ユン。・ボギンなど出演俳優だけでなく、アン・パンソクPDら製作スタッフのアドバイスでつくられたと説明した。ソ・ヌリキのャラクターが上手く理解出来なかったときにジャン・ヒョンソン、ユンボギンが率先してアドバイスしてくれたのはもちろんであり、さらにユンボギンはアン・パンソクPDと一緒にソ・ヌリのキャラクターについて話し合いをした。

「ソヌリよう毒気はありませんが演技欲は大きいです」

話をしている間、穏やかな性格が感じられる。ドラマの中のソ・ヌリとは違う姿である。実際のコン・スンヨンとドラマの中のソ・ヌリの共通点と相違点を尋ねた。

「良いことは良いままに。その性格はソ・ヌリと似ています。しかし私はソ・ヌリよう強い野望を抱くスタイルではありません。もちろん演技に対する欲は大きいですが、強い野望を持っているわけではありません。そこがソ・ヌリとの違いではないかと思います。」

コン・スンヨンはソ・ヌリ役を演じるために、誰よりも熱心にドラマに臨んだ。サンドイッチ専門店でアルバイトするソ・ヌリのキャラクターを効果的に表現するために、実際にサンドイッチ専門店でアルバイトをして経験を積んだという説明が続いた。

「サンドイッチ専門店での初めての撮影を終えたあと、アン・パンソクPDから「ソ・ヌリは毎日アルバイトをしているキャラクターだから、仕事に慣れているように見える必要がある。」とアドバイスをもらいました。素人じみた自分の姿が恥ずかしかった。以後サンドイッチ店でメニューを覚えレジを叩きサンドイッチを作って感覚を身につけました。多くのことを学んで身につけました。次回作(SBS「六龍が飛ぶ(原題 육룡이 나르샤)」)のために歴史を勉強し、見学に行くなど最善を尽くして努力しています。」

私たち結婚しました イ・ジョンヒョクとは100%リアル

SBS月火ドラマ「風の便りに聞きましたけど!?」で本格的に演技の世界に足を踏み入れたが、コン・スンヨンの名を広めたのはMBC「私たち結婚しました」である。有名なスターが出演する「私たち結婚しました」に新人俳優が出演するのは極めて異例なこと。コン・スンヨンの名前が各種ポータルサイトのリアルタイム検索語1位に上がったのも、それを軌を一にする。

コン・スンヨンはMBC「私たち結婚しました」出演当時を回想し、「大きな関心を集めていたことは知らなかった」と述べた。

コン・スンヨンの仮想の夫はCNBLUEのイ・ジョンヒョン。各種バラエティー番組を通じて釜山出身らしい性格を見せたイ・ジョンヒョンだが、 コン・スンヨンが感じたイ・ジョンヒョンの第一印象は正反対。コン・スンヨンは「イ・ジョンヒョンを初めて見た瞬間「白い」と思いました。顔も白く考え方も純粋だった。男らしい魅力もあり密かに可愛らしく愛嬌もありました。うまく説明できませんが、私にだけ見せる可愛い姿がある」と述べた。

しかし、「私たち結婚しました」は良い視線だけがあるわけではない。毎回俎上に載せられる「真正性論議、台本論議」がそれだ。これに対しコン・スンヨンは「台本は全くありません。100%リアルです。製作スタッフが「今日きみは何がやりたいの?やりたいことやって」と私たちが自分でやる形式です。デートコースも自分たちで決めました」と述べた後「私も「私たち結婚しました」に出演するまでは一抹の疑いがありましたが正反対ででした。イ・ジョンヒョンと初めての撮影を終えて一緒に驚いたほどです。」と説明した。

最近、「私たち結婚しました」を一緒に引っ張っていたキム・ソウンとソン・ジェリム、ヘンリー(Super Junior-M) イェウォン(Jewelry)カップルが番組を卒業し、イ・ジョンヒョン、コン・スンヨンのカップルは突然最古参夫婦になった。そして新たに加わったカン・イェウォンとオ・ミンソク、ユク・ソンョンジェ(BTOB)とジョイ(RED VELVET)カップル。コン・スンヨンに「私たち結婚しました」の新メンバーに向けたアドバイスをお願いすると彼女は「撮影と思わないで、本当に結婚したと思って取り組めばいいと思います。私は誰かに助言できる立場ではありません」と言って微笑んだ。

続いて、コン・スンヨンは「私たち結婚しました」の撮影が進行していくほど、仮想の夫イ・ジョンヒョンによくしてあげたいという気持ちが大きくなるという率直な考えも付け加えた。

コン・スンヨンは他のバラエティー番組に出演する考えがあるのかという質問に、「無条件リアルで極限の状況に置かれる番組がいい。SBS「ジャングルの法則(原題 정글의 법칙)」やMBC「本当の男 (原題 진짜 사나이)」に出演したい。2つとも大変だそうですが、私は上手くやれると思います。新人の覇気をお見せしたい”と言って笑った。

SMエンターテインメント7年練習生を辞めた理由は?

芸能界デビューは新人俳優ではなかった。実はコン・スンヨンはアイドルグループデビューを準備していた歌手志望だった。彼女は、韓国最大の芸能事務所の一つに数えられるSMエンターテインメントで7年の間練習生として生活しデビューを目前に控えていた。意外な履歴である。

コン・スンヨンはSMエンターテイメントの練習生生活を辞めて女優になった理由、また現在のJYPエンターテインメントの練習生でMnet「SIXTEEN」に出演中の妹ユ・ジョンヨンに向けた応援のメッセージを送った。

演技にはまってSMエンターテインメントを辞めた

SMエンターテインメント所属歌手が好きな人ならデビュー目前だった「有名練習生」の名前を知っている。ユ・スンヨン(コン・スンヨンの本名)は、SMエンターテインメントの練習生として有名で、ファンが遊びで作る次世代SMガールズグループのラインナップに常に名前が上がった。

「小学生の頃、伽倻琴大会に出場した時にSMエンターテインメントのキャスティングディレクターが近づいてきて、カメラテストを提案して来ました。その当時は歌手に興味がなくてBOA先輩をやっと知っているだけの時代でした。なんとなく彼について行ってカメラテストを受ました。それから練習生の授業を参観して興味が沸いてきました。そしてSMエンターテインメントに練習生になりました。」

SMエンターテインメント練習生コン・スンヨンはダンス・歌・演技を学んで着実にデビューを準備してきた。その過程で彼女はtvN「I LOVE イ・テリ」に出演することになり、それが一世一代の選択の出発点になった。ドラマ一編で演技の楽しさにはまってしまった。彼女はSMエンターテインメントと別れを準備したのもその頃だった。

「「I LOVE イ・テリ」でミミ役を引き受て演技に対する欲が生まれた。演技をしたかった、より専門的に演技を学んでみたかった。だから、SMエンターテインメントから出ることになった。(記者:コ・アラ、イ・ヨニのようにSMエンターテインメントで俳優としてデビューしてもよかったのではないか?)その時、私はアイドルの準備をするチームにいました。演技者でデビューしづらい状況でした。」

7年間身を置いたSMエンターテインメントを離れ、新しい巣を構え俳優として躍進を始めたコン・スンヨン。夢に描いた俳優になって幸せなのか尋ねると、「撮影現場にいる時、カメラの前にいる時、とても幸せです。家族も私がTVに出演するのを待っている。その姿を見ると私と家族が一緒に夢を叶えて行く感じがして一段と格別です」との回答が返ってきた。

「妹ユ・ジョンヨン、気が強く弟みたい」

コン・スンヨンが俳優の夢をかなえるためSMエンターテインメントを出てきたならば、彼女の妹ユ・ジョンヨンはJYPエンターテインメントで歌手デビューの夢を叶えるため不断の努力を続けている。コン・スンヨンの妹ユ・ジョンヨンは、現在放映中のJYPエンターテインメントの新ガールズグループTWICEのメンバーを選抜するサバイバルオーディション番組Mnet「SIXTEEN」に出演し、ボーイッシュな魅力で多くの人々から愛されている。大手芸能事務所のアイドル練習生を経たコン・スンヨンはユ・ジョンヨンにとって最良の相談相手だ。

“ジョンヨンが、会社(JYPエンターテインメント)に入った時から、いつも話を聞いています。これまでにも大変な時の話聞いてアドバイスもしています。。今はジョンヨンが上手くやっているので、アドバイスする部分はありません。ジョンヨンと私は性格が全く違う。飾ることなく気さくで、弟のようなスタイルだ。自分がしていることに欲も多く、進取的です。気が強い性質です。」

コン・スンヨンが明らかにように、ユ・ジョンヨンは格別なボーイッシュなことで早くからJYPエンターテインメントの首長パク・ジニョンの目をひきつけた。「ありえないほどシックだ」という絶賛と共にパク・ジニョンの愛弟子としてのボジションを得たユジョンヨンは、現在「SIXTEEN」出演練習生の中の人気投票ランキング1位になった。歴代級スター姉妹の誕生が目前にあるわけだ。ハードサバイバルに臨む妹のための応援をお願いした。

「何とか妹の助けになりたいのですが、私の言葉や行動のために、むしろ妹が間違いを犯したり難しくなることもある。ただ静かに応援したい気持ち。今のように番組に臨んで欲しい。姉として妹に温かいご飯も準備しなければならないが帰りが遅いのでそれも出来なくて申し訳ない。どうせ私の料理の腕は良くないので近いうちの弟に美味しいご飯をごちそうしないといけない。」

「強く、確実に成長します」

コン・スンヨンは挑戦してみたい役があるのかという質問に、一気に映画「10人の泥棒たち(原題 도둑들)」のチョン・ジヒョン、SBS「ピノキオ(原題 피노키오)」のパク・シネ、「君の声が聞こえる(原題 너의 목소리가 들려)」のイ・ボヨンが演じる役名を挙げた。また時代劇に挑戦したいという夢も見せた。その夢はすぐにかなった。コン・スンヨンの次回作はSBS「六龍が飛ぶ(原題 육룡이 나르샤)」で、彼女は太宗李芳遠の婦人、遠元敬王后ミンダギョンに扮する。

「子供の頃書道と伽倻琴を学ぶなど、伝統文化と近かった。自然と史劇も愛情がある。綺羅星のような先輩俳優が多く出演するほど演技熱心に学んでたくさん成長したい」に続き「六龍が飛ぶ」も良い監督、作家、スタッフ、俳優に会うことになり大変光栄だと思います。強くしっかりした俳優、人間になるように努力します。」

ショートヘアでボーイッシュな雰囲気のあるジョンヨンだが、見た目以外は男っぽいところはなくTWICE内ではお母さん的な役割を果たしているという。姉がSMエンターテインメントの元練習生で女優のコン・スンヨン、叔父がラッパーのKyfishという芸能一家である。
パク・ジニョン率いるJYPエンターテインメントが、10月Mnetと新しいKPOPボーイズグループを誕生させる新概念サバイバル番組を披露する。「デビューを夢見る練習生 vs JYP」という独特のコンセプトを導入したのが特徴。
歌手IUの新曲「사랑이 잘(Can‘t Love You Anymore)」は4月の第2週と第3週にメロンなどの主要な8つの音源サイトの利用者が最も聞いた歌(ガオンチャート基準)だった。