CD売上 音楽配信売上 音楽チャートなど これまでのTWICEの記録

Kstyleをはじめとする中立を装ったTWICEアンチブロガーのように脳内妄想で書かれた記事ではなくガオンチャート wikipedia Namuwiki、その他韓国ニュース、韓国人ブロガーさんのブログを参考にソース重視で書きました。

CD売上 124万6803枚

これまでTWICEは、THE STORY BEGINS (123,246枚)、PAGE TWO (214,216枚)、TWICEcoaster LANE 1 (381,488枚)、TWICEcoaster LANE 2 (262,904枚)、SIGNAL (264,989枚)の5枚のアルバムを発売し合計124万6803枚を売上げている。

TWICEfanのファクト暴行
THE FACT

2016年韓国CD売上BSET10

順位売上枚数歌手名アルバム名
1位 751,301 防弾少年団WINGS
2位549,378EXOEX’ACT KOR ver
3位438,481EXOFor Life
4位368,369防弾少年団Young Forever
5位350,852TWICETWICEcoaster LANE 1
6位275,191EXO-CBXHey Mama!
7位274,238LAYLOSE CONTROL
8位247,899EXOEX’ACT CHN ver
9位232,564EXOLOTTO
10位225,617GOT7TURBULENCE


日本のAKB・ジャニーズ系や防弾少年団・EXOなどのK-POPトップ男性アイドルグループに比べるとかなり低い数字だが、韓国では女性グループのCDは売れないためTWICEの5位(TWICEcoaster LANE 1)、13位(PAGE TWO)、58位(THE STORY BEGINS)は大健闘以上の数字。女性アイドルグループがどれだけ売れないかというと・・・

2016年韓国女性アイドルグループ(ソロ含む)CD売上BEST10

GG順位全体順位売上枚数歌手名アルバム名
1位5位350,852TWICETWICEcoaster LANE 1
2位13位179,452TWICEPAGE TWO
3位19位111,092テヨン(少女時代)Why
4位28位93,593I.O.Imiss me?
5位33位80,783ジェシカ(元少女時代)With Love, J
6位38位74,554I.O.IChrysalis
7位41位69,076I.O.IWhatta Man
8位45位66,391GFRIENDLOL
9位47位63,154ティファニー(少女時代)I Just Wanna Dance
10位54位54,989Red VelvetRussian Roulette

韓国の女性アイドルグループ(ソロ含む)に限れば、1位、2位、11位。さらに3枚をランクインさせたI.O.Iは1年限定グループで2017年1月に解散しているので完全な1強状態。

歴代ガールズグループCD売上BEST10

順位売上枚数アーティストアルバムタイトル発売日
1位 760,475 S.E.SLOVE1999年10月29日
2位651,330S.E.SSea & Eugene & Shoo1998年11月23日
3位635,713S.E.SA Letter From Greenland2000年12月23日
4位600,000S.E.SI’m Your Girl1997年12月24日
5位593,816FIN.K.Lwhite1999年05月13日
6位 465,351 少女時代THE BOYS2011年10月09日
7位449,418FIN.K.LSpecial1999年11月24日
8位435,518FIN.K.LNow2000年10月06日
9位406,528S.E.SChoose My Life-U2002年02月14日
10位381,488TWICETWICEcoaster LANE 12016年10月24日

TWICEは歴代10位にランクイン。1990年代中盤から2000年代前半にかけて”CDが売れていた時代”であり、CDからダウンロード・ストリーミングに替わった今、ガールズグループが76万枚以上売るのは厳しい。

1位のSES”LOVE”が1999年4位でこれが最高記録。女性アイドルグループがCD売上年間1位になったのは少女時代”THE BOYS”(2011年)だけで、THE BOYSを売上枚数で上回ることは可能だが、ボーイズグループが圧倒的に強いCD売上で年間1位になるのは不可能に近い。

上のランキングはS.E.SとFIN.K.Lだけで面白くないので2010年以降を調べてみた。

2010年以降のガールズグループCD売上BEST10

順位売上枚数アーティストアルバムタイトル発売日
1位 465,351 少女時代THE BOYS2011年10月09日
2位381,488TWICETWICEcoaster LANE 12016年10月24日
3位307,500少女時代I Got a Boy2013年01月01日
4位264,989TWICESIGNAL2017年05月15日
5位262,904TWICETWICEcoaster LANE 22017年02月20日
6位235,877少女時代OH!2010年01月28日
7位214,216TWICEPAGE TWO2016年04月25日
8位192,375少女時代Hoot2010年10月27日
9位182,295少女時代Run Devil Run2010年03月22日
10位165,421少女時代Mr Mr2014年02月24日

TWICEと少女時代しかいなかった・・・

ちなみにTWICEのせいでランク落ちしたのは少女時代TTSと2NE1。

音楽配信(音源)売上 ダウンロード799万2103回

韓国のCD市場は違法コピーの影響で崩壊し、ダウンロード・ストリーミングの音楽配信(音源)チャートが流行の基準になる。日本の場合CDが100万枚売れれば有線放送を通じで飲食店やスーパーなどで曲が流れ嫌でも聞かされることになるが、韓国の場合日本の有線放送の役割を果たしているのが音楽配信チャートで、CDが100万枚売れても音楽配信チャートにランクインしなければファン以外の一般の人は誰も知らないことになる。CDプレーヤーよりもゴミ箱に入る数が圧倒的に多いCD売上よりも何らかの形で曲を再生せざるを得ない音源配信チャートがはるかに重要である。

韓国のCD市場
アイドルの特典商法CD以外のCDは全く売れない。2016年CD売上BSET100の中で非アイドル系(アイドルとアイドルのソロ以外)はたったの3枚しかランクインしなかった。2016年最大のヒットドラマでOSTが音楽配信(音源)チャートを席巻した”太陽の後裔”OSTも2枚合わせて約8万枚しか売れなかった。ちなみに非アイドル系でランクインしたもう1人はパク・ヒョシン

TWICEのタイトル曲のストリーミング、ダウンロード回数

発売日曲名ストリーミングダウンロード
2015年10月20日LIKE OOH-AHH92,353,7191,742,909
2016年04月25日CHEER UP148,224,5622,453,307
2016年10月24日TT117,198,1091,786,275
2017年02月20日KNOCK KNOCK82,057,1751,250,783
2017年05月15日SIGNAL46,538,829758,829
合計468,392,4667,992,103

ガオンチャートは100位以上の数字しか発表しないため101位以下の売上は分からない。OOH-AHH하게(LIKE OOH-AHH)は2016年10月にチャートアウトしたが、2017年5月にストリーミング1億回を超えたという報道があり、8ヶ月で約760万回、1ヶ月あたり約100万回ストリーミングがあったことになる。またタイトル曲以外の曲もダウンロード・ストリーミングされているはずで、ガオンチャートが何らかの発表をしない限り正確な数字は分からない。

ガオンチャートの記録

通算1位獲得回数

  • 1位 26回 IU

  • 2位 16回 BIGBANG

  • 3位 11回 2NE1, SISTAR

  • 4位 10回 少女時代, TWICE

1曲での1位獲得週記録

5週
  • 아이유(IU アイユー) “좋은 날 (Good Day)” (2010年12月9日)

  • 싸이 (PSY サイ) “Gangnam Style” (2012年7月15日)

4週
  • MISS A “Bad Girl Good Girl” (2010年7月1日)

  • Twice “TT” (2016年10月24日)

3週
  • 가인,조권 (Gain,Jo Kwon ガイン、チョゴン) “우리 사랑하게 됐어요(We Fell in Love)” (2009年12月17日)

  • 원더걸스 (Wonder Girls ワンダーガールズ) “2 Different Tears” (2010年5月15日)

  • 아이유,슬롱 (IU,Seulong アイユー、スロン) “잔소리 (Nagging)” (2010年6月3日)

  • 다비치 (Davichi ダビチ) “안녕이라고 말하지 마 (Don’t Say Goodbye)” (2011年8月29日)

  • 아이유 (IU アイユー) “너랑 나 (You and I)” (2011年11月29日)

  • 나얼 (Naul ナオル) “바람기억(Memory Of The Wind)” (2012年9月20日)

  • 이하이 (Lee Hi イ・ハイ) “1,2,3,4” (2012年10月29日)

  • 이승기 (Lee Seung-gi イ・スンギ) “되돌리다 (Return)” (2012年11月12日)

  • 나얼 (Naul ナオル) “같은 시간 속의 너 (You From the Same Time)” (2015年2月5日)

  • 빅뱅 (Big Bang ビッグバン) “Loser” (2015年5月1日)

  • 박명수,아이유 (Park Myeong-soo, IU パク・ミョンス、アイユー) “레옹 (Leon)” (2015年8月22日)

  • 수지,백현 (Suzy, Baekhyun スジ、ペッキョン) “Dream” (2016年1月7日)

  • Twice “Cheer Up” (2016年4月25日)

  • 임창정 (Im Chang-jung イム・チャンジョン) “내가 저지른 사랑 (The Love That I Committed)” (2012年9月6日)

  • 빅뱅 (Big Bang ビッグバン) “에라 모르겠다 (Fxxk It)” (2016年12月13)

  • 에일리 (Ailee エイリー) “첫눈처럼 너에게 가겠다 (I Will Go to You Like the First Snow)” (2017年1月7日)

国民の妹 IU、世界的ヒットを飛ばしたPSYの5週に次ぎ、国民の初恋スジがいるMISS Aと並んで4週連続1位。

TWICE 防弾少年団 EXOの音楽配信(音源)売上比較

順位発売日グループ名曲名ストリーミングダウンロード
1位2016年04月25日TWICECHEER UP111,556,4821,839,566
14位2015年10月20日TWICELIKE OOH-AHH76,633,9431,309,559
26位2016年10月24日TWICETT57,019,4421,012,807
60位2016年06月09日EXOMonster39,226,545789,078
87位2016年05月02日防弾少年団불타오르네 (FIRE)32,615,570738,893

2016年TWICE”CHEER UP”はストリーミング1億1155万6482回・ダウンロード183万9566回で音楽配信(音源)年間1位。CD売上で完敗したEXO”Monster”は3922万6545回・78万9078回(60位)、 防弾少年団”불타오르네 (FIRE)”は 3261万5570回73万8893回(87位)とTWICEは3倍近い差をつけている。

TWICE”TT”は防弾少年団・EXOよりも4ヶ月以上遅い発売だが両者をあっさり交しているように、音楽配信(音源)ではTWICEの圧勝。

CD売上と音楽配信売上のバランス

韓国では”CD売上=まとめ買いしてくれるコアファンの多さ”、”音楽配信売上=ライトファンや一般人の支持”を示す基準になると言われている。

  • 5 TWICE (4位 1位)
  • 42 テヨン(少女時代) (18位 24位)
  • 61 太陽の後裔OST (4位 57位)
  • 62 EXO (2位 60位)
  • 75 I.O.I (28位 47位)
  • 85 ウンジ(APINK)(15位 70位)、Mamamoo(12位 73位)
  • 88 防弾 (1位 87位)
  • 92 Red Velvet (38位 54位)
  • 102 Block B (49位 53位)
  • 111 パクヒョシン (43位 68位)
  • 118 SechsKies (39位 79位)
  • 129 WINNER (35位 94位)
  • 167 AOA (69位 98位),LOVELYZ(83位 84位)

CD売上・音楽配信の両方BEST100以内にランクインさせたアーティストで両方の順位を足した数字をバランス指数”として比較すると、TWICEのハイレベルかつバランスの良さが群を抜いている。

音楽番組チャート1位 44回

これまでTWICEが音楽番組で1位になったのは

  • OOH-AHH하게 0回
  • CHEER UP 11回
  • TT 13回
  • KNOCK KNOCK 9回
  • SIGNAL 11回
    合計44回

音楽番組の1位回数はあまり意味のある数字とは言えない、理由は

1. 韓国の音楽番組の視聴率は軒並み1%前後
2. ランキング選定基準がアイドル系に有利
3. ランキング選定基準が変化している

音楽番組の視聴率
アイドルグループが多数出演するミュージックバンク・音楽中心・人気歌謡などの音楽番組の視聴率は概ね1%程度。特にSBS”人気歌謡”は同時間帯放送のKBS”全国歌自慢”(NHKのど自慢のような番組)に視聴率で10倍近い差をつけられて完敗している。

要するに音楽番組はアイドルファンという限られた人以外には関心のない番組で、さらに公平性に欠けるランキング選定基準で選ばれた1位に大半の人は興味を持たない。

音楽番組ランキングもCD売上ランキングと同様に”熱心なファンの多さ”を示す数字と思っていい。

まとめ

現状のTWICEは女性アイドルグループの中の1TOPでありライバルはいない。もちろんこれから先のことは分からないが、2016年はTWICEの年だったのは間違いない。