「What is Love」予約35万枚 ガールグループの偏見を覆したTWICE

TWICEツウィ-モモ-ジョンヨン What is Love

2018年4月5日付日刊スポーツ(韓国)掲載のTWICEの5thミニアルバム「What is Love?」の予約が35万枚に達したというニュースの翻訳など。

予約35万枚 TWICE ガールグループの偏見を覆したヒット史

日刊スポーツ(韓国)

TWICE5thミニアルバム「What is Love」ティザー第一弾
TWICE 5thミニアルバム What is Love?

TWICEが再びヒット街道を走る。

昨年「KNOCK KNOCK」「SIGNAL」「LIKEY」「」をヒットさせ「TWICEの年」にした彼女たちは花道に向かって疾走する。

4月9日午後発売予定のTWICEの5thミニアルバム「What is Love?」は予約35万枚という大記録を樹立した。前作のフルアルバム「Twicetagram」の予約が33万枚を超え人気を証明した。2015年デビュー曲「OOH-AHH하게 (like OOH-AHH)」からヒットの歴史を作っているTWICEに対するファンの期待感が高いことを示している。

日本では昨年6月28日デビューアルバム「#TWICE」を発売、わずか8か月で出荷枚数100万枚を突破した。第32回日本ゴールドディスク大賞で5つのタイトルを獲得、日本レコード協会から3連続プラチナディスク認定を受けた。日本デビューから1年足らずで1万人規模のアリーナコンサートを開催する異例のヒット街道を歩んでいる。

業界はTWICEの活動に注目するしかない。「ガールグループのファン拡大には限界がある」という偏見を覆しボーイグループを凌駕する堅いファン層を構築、日韓両国で大人気となり短時間で国民ガールグループの仲間入りした。

ある音楽関係者は「TWICEにしかない個性が明確化していることを感じる。今まで出した曲すべてが真似しやすい振付と大衆的なメロディー構成で中毒性を誘発する。メンバー全員が愛されている感じ」と評価した。またほかの関係者も「ファンとのコミュニケーションが活発。昨年4回も新曲を発売し空白期のない活動を見せた。人気が高まれば新曲発売に対するプレッシャーが増えるものだがTWICEはストーリーラインを維持しながら持続的に新曲を発売する。」と分析した。

TWICEツウィ-モモ-ジョンヨン
ツウィ モモ ジョンヨン

韓国での地位を固めたTWICEは新曲「What is Love?」で再び人々の心をつかむ。ヒット曲「SIGNAL」を書いたJYPのボス、バク・ジニョンが作詞作曲を担当しTWICEの個性に集中した。愛を本、ドラマ、映画で学んだ少女の好奇心と想像を扱ったダンスナンバーで多様な音楽的変化を見せている。TWICEが得意とする弾けるような耀いメロディーを基盤にアップテンポなダンスビートとトラッブを行き来するリズム、これらに似合う可愛らしいダンスも期待ポイント。先行公開されたティザーでTWICEは「ハートの疑問符ダンス」でステージへの期待感を高めた。

新曲発売と共にTWICEはソウル松坡区蚕室体育館で2回目のコンサートツアー「TWICELAND ZONE 2 : Fantasy Park」の幕を開き、3日間で総1万8千人のファンに会う。続いてさいたまスーパーアリーナ、大阪城ホールでコンサートを開催、シンガポール、マレーシア・クアラルンプール、タイ・バンコクと海外ツアーは続く。

https://www.twicefan.club/annual_ranking-2017/

https://www.twicefan.club/physical_sells/

https://www.twicefan.club/korea-live_entertainment-market/

https://www.twicefan.club/star_news-2017_12_27/

https://www.twicefan.club/32th_golden_disc/

コメント